ズワイガニのおすすめ料理法・食べ方を紹介しています

ずわいがに丸ごとたっぷり丼


ずわいがにの魅力は繊細で鮮やかな色をした身と、その甘さです。
甘さを更に引き出すには、焼きがにがもっとも美味しい食べ方だと思いますが、茹でてかに酢でいただくのも最高です。

でも、今日はいつもと少し違う食べ方をしたい、レバートリーを増やしたいという時にオススメなのが、「ずわいがに丸ごとたっぷり丼」です。
作り方はとっても簡単。
茹でたずわいがにを買ってくれば、火もいりません。
ずわいがにの美味しさをそのまま生かしたメニューです。

一人前の材料(基本)

ずわいがに一杯(茹で)
マヨネーズ少々
大葉、または万能ねぎ(お好みで少々)
白ごはん
白ゴマ(お好みで少々)

作り方(基本)

まず、ずわいがにをさばいて、ほぐし身を作ります。

甲羅をはずしたら、かに味噌もぜひ取っておきましょう。

身はすべて細かくほぐします。

次に、アツアツの白ごはんを、どんぶりに用意します。
お好みで白ゴマを少々混ぜると、風味が増します。

その上に、ずわいがにのほぐし身を、たっぷりとちらします。
大葉、または万能ねぎも、細かく刻んで、ちらします。

かに味噌を載せたら、マヨネーズをかけていきます。
マヨネーズの量が多いと、せっかくのずわいがにの味がマヨネーズに負けてしまいますから、細く絞って全体にかけましょう。
少ないかな、と思うくらいでちょうどよいです。

これで完成です。

ワンポイントアドバイス

食べるときは、はじめから大きく混ぜてしまわずに、そのまま一口ずつ食べたほうが美味しいです。
ごはんの熱で、かにの風味が抜けてしまわないように。

応用編

アレンジ次第でいろいろな味を楽しめるのが、丼ものの魅力です。
素朴に思えるかに丼も、なかなか奥が深いもの。
ご紹介した作り方は、あくまで基本です。
いろいろ試して、「我が家のかに丼」を作り上げてください。

例えば、マヨネーズをポン酢に変えるだけでも、味がぐっと変わります。
卵黄をポンッと加えるのも良いでしょう。
レタスを小さくちぎってちらしたり、キャベツの千切りなどを加えてサラダ風にしても、美味しいですよ。

ずわいがに丸ごとたっぷり丼を作るのに最高のずわいがにを見てみる