かにの名産地を紹介しています

オールシーズン・オールラウンドの北海道

かにと言えば、やはり何と言っても北海道でしょう。
オールシーズン、種類は季節によってばらつきがあるものの、様々なかにが獲れます。
水揚げ量は堂々の日本一

稚内港、紋別港、根室港などで水揚げが特に多く、たらばがに、毛がに、ずわいがに、花咲がに、あぶらがにが有名です。

中でもたらばがには、北海道がダントツの名産地で、秋から冬にかけて多く獲れます。
春になると、かにの女王と称されるずわいがにが多くなります。夏から秋にかけては、花咲がにが主流になります。
お味は、刺々しく短足で不恰好なルックスとは大違い。
ぷりっぷりの身は、毎年これを求めて通うファンもいるほどです。

そして、忘れてはならないのが毛がに。たらばがにと並んで北海道を代表するかにです。
真夏と真冬を除くほとんどの季節で水揚げがありますが、特に美味しいのは春。身もかに味噌も絶品です。

ブランドで勝負の島根県

島根県で、かに?と思う人も、松葉がにと言えばピンとくるでしょう。
松葉がには山陰地方沖で獲れる、ずわいがにのオスを指します。
中でも島根県は、国内2位のかにの水揚げ量を誇ります。
松葉がには甘さのある上品な味が特徴で、高級料理店でも出されるブランドがにです。

隠れた名プレイヤーの兵庫県

かにの水揚げ量1位と2位がわかれば、3位を取り上げないわけにはいきません。兵庫県です。
代表的なのはやはり、ずわいがに。ここで獲れるずわいがにも、松葉がにの名で、地元はもちろん全国の旅館や料理店などで愛されています。

しかも、ずわいがにだけを取り上げれば、なんと兵庫県が堂々の水揚げ量1位。
但馬港で揚がる「但馬の松葉がに」は格別です。
さらに、同じずわいがにでも津居山港で水揚げされるのが「津居山がに」。こちらも有名なブランドがにです。

静岡で、一度は食べてみたいがに~!

最後は珍しいかにをご紹介。海の幸の宝庫、静岡県戸田港では、高足がにが揚がります。
このかには、とにかく大きい!世界一大きいと言われています。 水分を多く含む身は、死んだら解けるのだとか。その為、地元でしか食すことができない珍しいかにです。 静岡県、特に伊豆を旅する機会があったら、一度は食してみたいですね。

失敗しないカニ選びのポイントを見てみる