たらばがに・ズワイガニ選びのポイントを紹介しています

たらばがに 選びのポイント

たらばがに 選びのポイント

大きいほど甘みが増す
メスよりもオスのほうが美味しい
サイズよりもたっぷりと身が詰まっている

冬の味覚として、とりわけ人気が高いかにと言えばたらばがにです。

それでは、美味しいたらばがにを選ぶには、何をポイントにすれば良いのでしょうか?

たらばがにの選び方としては、大きいほど甘みが増すのが特徴です。

また、たらばがにはメスよりもオスのほうが美味しいとされているので、魚屋さんで買う際にはオスかメスかを聞いて買うようにしましょう。

今度は、カニの中身の詰まり具合も気にしてみましょう。

かににも色々とサイズがあり、1L・2LL・3Lなどの大きさが表示されています。

大きめの3Lを注文しても、実際に中身が詰まっていなければスカスカに感じます。

そこで、オススメしたいのが90%以上のかにの身が入っていることです。

「値段が高い = かに身が入っている」とは限りません。
かにを食べる上で重要なことは、サイズよりもたっぷりと身が詰まっていることです。

同じサイズのかにでも、重量が重い方が身入りが良い場合が多いので、店頭で購入する際は、自分の手で持って確かめるようにして下さい。

ズワイガニ 選びのポイント

ズワイガニ 選びのポイント

すわいがにの甲羅に付着している黒いツブツブの付着の多さ

冬の味覚の王様と言えば、そう「ずわいがに」ですよね。

冬のこの時期に塩茹でしたり、蒸しがににしたり、或いはかに鍋なんて豪華ですよね。

もちろん、本当に新鮮なずわいがにならお刺身でいただいたり、かにしゃぶで頂くと甘い身を堪能出来ます。

美味しいずわいがにを少しでも食べたいと思うのは、誰でも当たり前ですよね。
それでは、どんなずわいがにが美味しいのかと言うと、すわいがにの甲羅に付着している黒いツブツブがポイントです。

このツブツブが付着しているずわいがには身入りが良いとされて、同じサイズのずわいがにと比較して多少高く販売されています。

ただし、スーパーで市販されているずわいがにを選ぶなら、大きな価格差は無いので、少しでもツブツブがあるずわいがにを選んでみてくださいね。

身がいっぱい詰まったズワイ・タラバを見てみる